[予告] 大会参加費へのオンライン事前決済導入  WCA大会
従来の日本国内におけるWCA大会では参加費を当日の受付でお支払いいただいておりましたが、今後はオンライン決済による事前集金の仕組みを進めてまいります。
WCA大会への参加を検討されている方々は、クレジットカードの作成など決済手段の準備をお願いいたします。
導入計画
以降のWCA大会において、システムの安定運用が確認できるまでは従来どおりの当日現金支払とオンライン決済を併用します。
十分な検証後、当日の現金支払を廃止し完全な事前決済システムへの一本化を計画しています。
オンライン事前決済のねらい
  • 会場での現金の扱いをなくすことで当日受付に必要な時間を簡略化し、その分を競技時間の増加に充てる。
  • 現金の盗難や紛失トラブルの可能性を最小化する。
  • COVID-19感染対策の一環として、現金を介した接触機会を減らす。
  • 参加キャンセル費用を導入し、大会参加希望の需給バランスを整える。
導入後の変更点
WCA大会への参加承認は、従来のエントリーフォーム送信順ではなく参加費の支払い完了順となります。詳細は個々の大会ごとに異なりますので、その都度ご確認をお願いします。
また、申込完了後に参加をキャンセルした場合には期日ごとに設定されたキャンセル費を差し引いた金額を返金します。これにより、参加費が多くを占める運営予算が直前キャンセル数から受ける影響を減らし、健全な企画運営につなげます。
Stripe
WCAでは数年前よりオンライン決済サービス Stripe を導入しており、事前支払いや払い戻しなどをすべてWCA参加申込ページ上で完結できる体制がすでに整っています。
いくつかの国ではすでに主流の決済手法となっており、日本もこれに倣います。
日本国内においてStripeで利用可能な決済手段は、こちらを参照してください。
若年者の対応
WCA大会規則 2b) により、18歳未満の参加者は事前に親または保護者の同意を得る必要があります。
適切な保護者のアカウントを利用して競技参加者の代理決済を行ってください。