塚本 WCA Junior Delegate 退任時期の予告  WCA大会
塚本達也 WCA Junior Delegate が 2021年7月末をもって退任されることをお知らせいたします。また、本人よりのコメントを以下に掲載します。
2016年から約5年間続けてきたDelegateを退任することになりました。 もっと長く続けてきた感覚ですが、振り返ってみるとこの5年間は短くとも密度の高い期間だったと思います。
これまでの中で印象に残っているのは、やはりCCK(キューブキャンプ金沢)を開催してきたことです。2泊3日の合宿形式という今までにない異色の大会でしたが、通常の大会よりも濃い交流の場として毎年非常に人気が高く、近年では人気が出すぎてキャンセル待ちが発生するほどでした。参加できなかった方々には申し訳ない気持ちで一杯です。
私が北陸地域で活動するにあたっては、参加者のみなさんが個人の記録更新だけを目的とするのではなくイベントそのものを楽しんでほしいという気持ちを強く持っており、そしてそれを実現し続けてきたと自負しています。その結果、活動地域は北陸だけにとどまらず、北海道や福岡県まで車で遠征しての大会も何度も開催してきました。
しかし最近は日本大会に見られるようにスピードキュービングの規模そのものが非常に大きくなり、昔と同じ感覚での大会運営が難しくなってきました。これからは昔の感覚にとらわれない皆さんにキューブ界を引っ張っていただきたいと思います。
尚、Delegateは退任しますが北陸地域を中心にスピードキュービングを続ける予定です。 特に、コロナ禍が終わったらCCKを何かしらのかたちで復活させられるように考えを巡らせています。まだまだ皆さんとキューブ界を盛り上げていきたいと思っていますので、これからもよろしくお願いします。
塚本達也